adaコインの公開日はいつになるのかはまだ未定

adaコインは、ビットコインと同じように仮想通貨としての役割があります。ただし、ビットコインなどに比べるとゲームやギャンブルなどといったものに使うことが中心になりそうです。もともとゲームやギャンブルで利用できる仮想通貨という意味でつくられたのです。ただしビットコインを開発した人が作っていますので、それなりに信用できるものになります。
ADA(エイダ)は2016年12月に公開されるといわれていましたが、先延ばしになりました。次に公開日とされるのは2017年2月と言われています。このようにまだ明確なものが決まっていない状態のコインになります。
実際にこれを利用したいと思う人は少なくないですが、ほとんどの人は、投資としての利用を考えています。これは、ネットワークビジネスなどで呼ばれる先行利益といわれるものです。最初に参加した人ほどもうかるといわれていますが、これはその価値が上がることが条件になります。現在はまだ開発中でもこれからスタートした時に購入者が現れ、さらに多くの人が購入した時にそのものの価値が上がっていきますので、投資としての役割があるのです。

ビットコインと同じように通貨として利用できるか

adaコインはまだ公開日が決まっておらず出てきていませんが、基本的にはビットコインと同じような仮想通貨として利用されることが予定されています。このコインを手に入れるためには、取引き所において現金と交換することが必要です。
もう一つお得な方法がありますが、それはマイニングと呼ばれる方法です。暗号を解いて実際に使われているコインが本物であるかどうかを確認します。本物であるということが分かれば、承認をし、その結果手数料としてコインをもらうことができるのです。
では実際に、通貨として利用できるかどうかといわれれば、日本ではなかなか難しい面があります。そもそも日本には世界の中でも信用されている日本円があります。この日本円の価値が大きく揺らがない限りは、adaコインが本格的に通貨として使われる価値はかなり低いでしょう。
しかも、もともと通貨にすることを予定してつくられているものではなく、ギャンブルやゲーム限定に流通させようとしているものになります。そうだとすれば日本においても他の国においても通貨として利用されることは考えにくいです。